鼻から抜く声の出し方


高い声を艶やかに滑らかに出す方法は鼻に抜いて歌う事がポイントです。

◆喉はオーディオで言えばスピーカー
◆鼻はオーディオで言えばアンプ
◆口はオーディオで言えばイコライザー


そんな事を意識して声を出してみると出てくる声が微妙に変わってくるでしょう。最近では鼻歌さえあまり歌わない(歌えない)ので一人でお風呂に入る時には思い切り高い音域の歌を上記を意識しながら歌っています。

昔は熱く魂込めて、喉が潰れるくらいに力いっぱいに歌う事によって聴く人にメッセージが伝わる…と思い込んでいましたが実はそんな事はないんですね。プロのシンガーもそういったポーズは取りますが実際は喉に負担のかからない歌い方をしつつある意味『カッコ良く見える演技』をしているのでしょう!?

鼻から抜く声を出し方を自由に使いこなせればきっと今までの苦労が嘘の様に自然に高い声で歌を歌える様になるでしょう。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
日経ニュース FXブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。