音痴の定義ってなんだろう!?


音痴って単純に「五線譜上の音符とずれて歌っているコト」と言うのは少し乱暴な気がします。もっとも「音痴」でもプロのシンガーになれるという条件の上でなら納得できますが。

プロでも音痴っぽい人ってたまにいますよね。特にアイドルの場合は微妙に音がズレテ、そこがまた可愛かったり、ズレ加減が妙に心地よかったりしたりする場合もあります。そう考えると「音痴」って別に悪いことじゃない気がします。プロでも少しだけ意識して音をハズして曲の持つイメージを揺らす様な技を使うことだってあります。

そして私たちが「音痴」と言葉にする場合は、その歌に対して不快な感情を持った時に使うと思います。

「お前の歌はもう聞きたくない!止めてくれ!」

という時に使う言葉です。

少し音が外れてもそれがプラスの方向に傾くと人は、

「なんかイイ!巧くないけど味がある。!」
「言葉じゃ説明出来ないけど、コイツの歌は好きだ!」

になちゃうかも知れません(笑)。

楽典的に言えば「五線譜上の音から外れて歌を歌う人」を音痴と呼ぶのかもしれません。音痴の定義はきっとそうなんだろうと思います。

でも、要は音痴でも聞く人に不快な気持ちにさせない音域や音色を操り、他の人にはまね出来ない心地よい音痴になれたらそれはもう立派なオンリーワンシンガーじゃないかと思います。

音痴の人には可能性がたくさん詰まっていると私は思います。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
日経ニュース FXブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。